【中国版プデュ】INTO1の人気順や年齢・プロフィール・事務所も!

【ZIP】エッグインザバスケットのレシピ!エッグアートも調査

『ZIP』の特集コーナーで世界の定番トーストが紹介されましたが、こんなのトーストにのせるの?というものや自分の朝食に取り入れたいレシピもありました。

5つの国のポピュラーな朝食トーストレシピから、4分30秒かかったアメリカのエッグインザバスケットを実際に作ってみました。

ねんさん、エッグインザバスケットなら朝から食べれそうですね。

うとこ

ファッショニスタねえさん

インスタ映えもしそうなトーストよね。

そこで今回は【ZIP】エッグインザバスケットのレシピ!エッグアートも調査と題して、アメリカの定番朝食と言われているエッグインザバスケットのレシピやインスタご紹介します。

スポンサーリンク

【ZIP】エッグインザバスケットのレシピ

エッグ・イン・ザ・バスケット(egg in the basket)は「かごの中の卵」という意味で、食パンの真ん中に穴を空けて、その中に卵を入れて焼く料理です。

アメリカで古くから作られている定番の朝食メニューです。

地域によって、呼び方が異なります。

ブルズアイ・エッグ(bull’s eye eggs)
エッグ・イン・ザ・ホール(egg in a hole)
エッグ・イン・ア・フレーム(eggs in a frame)
ガスハウス・エッグ(gashouse eggs)
エッグ・イン・ア・ネスト(egg in a nest)
サンシャイン・トースト(sunshine toast)

まだまだ、名称はありますが、呼び方はいろいろあっても基本的に作り方は一緒ですよ。

さっそく、エッグインザバスケットの作り方を確認しましょう!

エッグ イン ザ バスケットの材料(1人分)調理時間:約5分
・食パン:1枚
・バター:1かけ(10g)
・生卵:1個
・塩:少々
・コショウ:少々

【ZIP】エッグインザバスケットのレシピ!エッグアートも調査

エッグ イン ザ バスケットの作り方


作り方 STEP.1
食パンをくりぬく

食パンの中央部分をコップなどでくり抜きます。
【ZIP】エッグインザバスケットのレシピ!エッグアートも調査
ポイント コップを食パンに押し当ててぐるぐる回すとキレイにくり抜く事ができます。

STEP.2
バターを焼く

フライパンにバターを溶かします。

くり抜いた食パンと切り取ったパンも一緒に焼きます。
【ZIP】エッグインザバスケットのレシピ!エッグアートも調査


STEP.3
卵を投入

穴が開いている部分に卵を割り入れます。
【ZIP】エッグインザバスケットのレシピ!エッグアートも調査
ポイント 卵は食パンに距離が近いところからゆっくりと入れるとはみ出さずにキレイに収まります。

蓋をして好きな卵の硬さに焼いて、最後に塩・コショウをふりかければ完成です。
ポイント 最初から弱火で焼くとパンが焦げず、卵の硬さも調整がしやすいです。

 

【ZIP】エッグインザバスケットのレシピ!エッグアートも調査

今回、10枚切りの食パンを使いましたが、食パンの真ん中に生卵を投入するので、暑さは6枚切りもしくは8枚切りをおすすめします。

また、卵だけだと物足りないという人は、チーズやベーコンをのせて食べるのも良いですよ!

【ZIP】エッグインザバスケットのエッグアートは?

エッグインザバスケットは、今ではインスタ映えするメニューとしてあえて作る人も多いようです。

フタや帽子と呼ばれるくり抜いた食パンの部分にもアレンジして、一緒に添えらえて食べます。

また、中央のくり抜かれる形は丸型以外に星型やハート型など、いろんな形にくり抜いて調理もしています。

上級者レベルは、カワイイく作れるので子どもも喜びますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ikuko Kishida(@ikukokishida)がシェアした投稿

くり抜いたフタの部分には、ジャムやペーストをつけることで味変になりますね。

うずらの卵を活用するのも良いですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@a__penne__for__your__thoughtsがシェアした投稿

面倒くさいときには、ガシガシ四角にカットするだけで良しです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dennis King(@dkingofimagez)がシェアした投稿

 

【ZIP】エッグインザバスケットを作った感想

【ZIP】エッグインザバスケットのレシピ!エッグアートも調査ということで、エッグインザバスケットの作り方をお伝えしました。

朝食のスタイルとしては一番取り入れやすいレシピでした。

味付けも塩と胡椒だけでしたが、食パンをバターを溶かしてフライパンで焼いているので風味もあって毎日作っても飽きないのが、個人的な感想です。

反省点としては、両面の焼き色のバランスを考えると、卵を投入する前に一度食パンをひっくり返した方が良いです。

エッグインザバスケットをまとめると

  • エッグインザバスケットは、地域によって名称が違う
  • 食パンに穴を開ける時は、コップをグイグイ回すとキレイにくり抜くことができる
  • 生卵を投入するので、食パンの厚さは考えたほうが良い

ぜひ、エッグインザバスケットを作った後はインスタやツイッターに「#トーストアート」で投稿してはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!