~Stay Safe~

所さん!大変ですよ|ママチャリブームの理由は?おすすめ自転車も!

2020年4月2日(木)放送のNHK『所さん!大変ですよ』は「シニアに大人気!?謎の自転車ブーム」がテーマになります。

シニアの間でママチャリブームとなっているという情報を聞きつけた、番組のディレクターがパワフルシニアさんを取材をしています。

ママチャリは幅広い世代に乗られていますが、今や海外でも大人気の移動手段のひとつになっているそうです。

そこで今回は『所さん!大変ですよ|ママチャリブームの理由は?おすすめ自転車も!』と題して、シニアにママチャリが人気の訳やシニア向けおすすめ自転車情報など、この後お届けしていきます。

最後までおつきあいいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

所さん!大変ですよ|ママチャリブームの理由は?

『所さん!大変ですよ』は、社会の片隅で起きている小さいな見逃せない出来事を取り上げている番組で、今回は放置自転車などの観点からママチャリがテーマとなっていました。

紹介されたのは、ママチャリを使って自転車競技に夢中になっているシニアが急増しているという内容です。

シニアにママチャリが人気の理由は?

やはり自動車免許返納の増加に伴って自転車に乗るシニアが増えている理由なんです。

車から自転車に移動手段を変えても、自転車でのシニア世代の交通トラブルも増えているということでした。

そこでに自転車のルールを知りながら、ゲーム感覚で楽しく学べるという目的で「高齢者自転車競技」が行われました。

安全面はもちろんですが、かなりの技術力が必要で道路で進路変更する際に本来のルールであれば、片手を水平に出しながら変更しなくちゃなりません。

自転車に慣れている番組のディレクターでもかなり苦戦していました。

高齢者自転車競技

「高齢者自転車競技」とは、シニアを対象に安全かつスムーズに自転車を運転することを競います。

自動車教習所にあるような、道路を想定したコースを自転車で運転しながら、正しく交通マナーを守れるか減点方式で審査されるそうです。

横30cm×縦10cmの直線を10秒以上でゆっくりまっすぐに走行する「遅乗り」や2m感覚のピンをジグザクに通り抜ける「ジグザグ走行」など、高い技術力がないと自転車ごと倒れてしまいそうなイメージでした。

いずれにしてもシニア世代がチャレンジしているのを見ると、シニアよりも若い私たちも元気をいただける気がします。

ちなみにシニア世代以外でも、今や「ママチャリ耐久レース」というママチャリを使ったレースが全国規模で行われているほどです。

高齢者自転車競技から、ママチャリレースなどが各地で開催されていたとは…

お恥ずかしながら初めて知りましたが、ちょっと気になりますよね。

ママチャリはジャパニーズカルチャー

自転車は元々海外から入ってきた乗り物ですが、日本で普及したのが明治から昭和初期だそうです。

当時は、主に荷物の運搬業務で使われていたことやフレームが三角型だったため、女性がスカートでまたいで乗るには難しいことから男性の乗り物とされていました。

イメージはこちら↓↓↓です。

昭和20年代後半からバイクなども出てきたことから、ターゲットを女性に向けて昭和31年に「スマートレディー」というネーミングの自転車が発売されママチャリカルチャーが始まりました。

フレームも三角タイプから現在のようなU型タイプになり、スカートでもまたげて自転車に乗ることが出来たそうですが、価格が相当高かったようです。

価格は13,500円でしたが、当時の大学新卒社員の月収が8000円だったことから、花嫁道具にママチャリを入れる人が半数近くもいたほどでした。

ママチャリは世界でも人気!

「ママチャリ」は結構前からニューヨークやイギリス、ドバイなど多くの海外で人気でした。

2012年にイギリスではママチャリ専門店もあるほど、海外では” mamachari “” mamachari  bike “で、そのまま通じるそうです。

ガーナでは、日本の社会問題となっている放置自転車が、処分されるのではなく海外に行きわたり中古自転車として使われているそうですよ!

「放置する日本人の方がカッコ悪いね」と所ジョージさんが良い言葉を話していましたが、使われなくなったものが、違う国では大事に使われているなんてすばらしいことですね。

シニア向けおすすめ自転車も!

とはいえ、自転車は基本車道もしくは自転車道を走る決りから安全面が気になりますよね。

ひとり暮らしのシニアも増えていることから、シニアの移動手段の確保という面でシニア向けママチャリも増えています。

おすすめ自転車をいくつかご紹介します。

株式会社マツダ自転車工場 優U(ゆうゆう)

番組で紹介されていた、トップ競輪選手が使用する自転車の制作をされている自転車メーカーです。

オーナーの松田志行さんが、膝を曲げると痛い人のために片足のペダルを長くしたり、すべて手作りオーダーメイドのシニア向け、ケガをしている人用に向けたカスタムママチャリです。

店舗株式会社マツダ自転車工場
公式ホームページhttp://www.level-cycle.com/series/u-u/
住所〒116-0012 東京都荒川区東尾久1-2-4
TEL03-5692-6531
営業日月~土 12:00~18:30
日 12:00~17:00
定休日水曜日

手作り自転車を作ったことで、自転車を諦めていた人から感謝の手紙が届くほど、社会貢献をされている人にやさしい会社です。

サギサカ(SAGISAKA) シニア向け三輪サイクルcogelu(こげーる)

介護の現場から誕生したシニア向けママチャリです。

パナソニック(Panasonic)ビビライフ

電動アシストで三輪自転車のシニア向けママチャリです。

協栄製作所(KYOEI)電動アシスト四輪自転車 けんきゃくん

電動アシスト付き四輪自転車で、アクティブシニアから自転車に不安を感じている方向けママチャリです。

エアロ(AERO)ククール MⅡ

4輪車なので停車時も倒れず、またぐ高さも29cmのシニア向けママチャリです。

スポンサーリンク

所さん!大変ですよ|ママチャリブームの理由は?おすすめ自転車も!のまとめ

『所さん!大変ですよ|ママチャリブームの理由は?おすすめ自転車も!』ということで、ママチャリがシニアにも世界でもブームになっているということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

放置自転車が他の国で役に立っているということもわかりましたが、日本がどの世代でも住みやすい、人に優しい世の中になるといいですね。

シニア向けママチャリも今後はさらに進化した自転車が出てくることでしょう!

Special Thanks

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください